月別アーカイブ: 2017年11月

メチャくん絵本「ピクニック」の校正刷があがってきました!

こんにちは、さかいみる です。

メチャくん新作絵本「ピクニック」の校正刷りがあがってきました!
ぱちぱちぱち…!

色もとても良いと思います。もちろん原画と比べるとちがうのですが、印刷物として全体のバランスが大事だと考えています。

数カ所文字を修正するところがあったので、それらを修正して24日に再入稿して印刷が始まります!
12月の第2周目に完成して東日本、熊本、ご参加いただいた方々にお送りできそうです。
ホッとしました。

長い道のりも一歩一歩、一筆一筆描いてゆくことで到達するんですね。しみじみ。

絵本deえがおの活動を7年も続けてこれたのも応援ししてくださるみなさまのおかげです。
本当にありがとうございます!
これからもこつこつ活動し、ひつひとつていねいに作品を生みだしてゆきたいです。

ではみなさま楽しい祝日をお過ごしください♪

メチャくんの今日の言葉はこちらからどうぞ。

最近の遠賀町のこと♪

こんにちは、さかいみる です。

今日は私たちが暮らしている遠賀町での最近の活動を投稿してみたいと思います。

まず、2014年にうみだした遠賀町のキャラクター「おんがっぴー」思っていた以上に町の人たちに愛されているようで、うれしいです♪

さすがに着ぐるみもうすよごれてきたようで、とってもかわいくリニューアルです!
じゃじゃん!


こちらは遠賀町ぼ広報の表紙です。

1代目はちょっと体型がおじさんぽかったんですが、2代目、かなり可愛いです。

そして遠賀駅前のピピットさんの建物に夜になると優しくて光るバルーンのおんがっぴーが登場です。
駅から出てくるみなさんに「おかえり」と言っているようです。


大きく可愛く灯っています。

そして、遠賀信用金庫さんの遠賀町浅木支店のロビーでメチャくんたちの絵とぬいぐるみなどが展示されています。来週からクリスマスバージョンの飾り付けになるそうで楽しみです。私はおりませんがお近くの方はぜひ足を運んでみてくださいね。絵本も置いてあるのでご覧いただけます。小さくてとても可愛らしい支店です。


窓口の可愛い人たちと♪

寒くなってきたので時々チコちゃんみたいな白猫の着ぐるみを着て仕事しています。とても温かくてオススメです☆

明日、絵本「ピクニック」の校正刷が上がってきます。毎回ドキドキします…。
またお知らせしますね!

今週もみなさまフレッシュな1週間になりますように♪

メチャくんの今日の言葉はこちらからどうぞ。

パキスタンから届いた子供たちの写真です!

こんにちは、さかいみる です。

パキスタンから写真が届きました!NGO JENのジミーさんが配布してくださいました。
とても喜んでくれているようです。
日本語・英語版「おてがみ」を届けてくれたのですが、パキスタンの子供達も英語が読めるそうなので、とても楽しんでくれたようです。
みんなの力を合わせてできた、みんなの愛がぎゅうっと詰まった絵本が遠い国まで旅して喜んでもらえている…感無量ですね!
応援してくださるみなさま本当にありがとうございます!

ニロのカーテンを作ってくれました!

こんにちは、さかいみる です。

ネパールからたくさんの写真が届いていて、Latast updatesに投稿していっているのですが、まだ追いついていません。たくさん写真を送ってくれてありがとう!

その中の写真の1枚、これはなんとNandi Secondly Schoolの子供たちがメチャくんの絵本「はじめまして」のネパール語版「ナマステ」を読んで、その中に出てくるニロのカーテンを作ってくれたんです!

「ナマステ」はメチャくんたちが暮らす湖畔の村に初めてやってきたニロのために、みんなでお家から小さな布を持ち寄ってそれをつなぎ合わせてカーテンを縫ってあげるというお話しなのです。

絵本はこちらからご覧いただけます。


窓にかけられています。


外からです。


絵本「ナマステ」の中でみんなが持ち寄った布をつないでいっている場面です。


お手紙が添えられていました。


絵本「おてがみ」のネパール語版「チッティ」を読んでお手紙も書いてくれました。
以下が翻訳してくれたお手紙の内容です。まるでメチャくんが生きているようです…。
とても感動しました。

***************

親愛なる私の友達メチャくんへ

こんにちはメチャくん!私は元気にしています。メチャくんとメチャくんの家族、友達も元気でいることでしょう。

メチャくんは私たちに新しい友達がやってきた時の迎え方を教えてくれました。

あなたのおかげで私たちはカラフルなカーテンを作ることができました。私たち自身で。

私たちは、メチャくんの絵本「ナマステ」と「チッティ」を描いた、みるディディ (おねえちゃん)にありがとうと言いたいです。

私たちはこの絵本から友達同士で力を合わせることの大切さを知りました。

私たちはカーテンを縫うための材料を全部家から持ってきて作りました。ニロの部屋のカラフルなカーテンを作った時のように。

近いうちにまたメチャくんからたくさんのことを学べることを願っています。

友達のSaru Khadkaより

Class 6

***************

メチャくんの今日の言葉はこちらからどうぞ♪

メチャくん絵本「ピクニック」入稿しました!

こんにちは、さかいみる です。
だんだん冬らしくなってきましたね!
私は毎日ともだちの湯たんぽと仲良くしています♪
みなさまお元気ででお過ごしでしょうか?

さて、11月17日、無事にメチャくん新作絵本のデータを瞬報社写真印刷さんに入稿しました!
ぱちぱちぱち♪
校正刷が22日に出来上がってくる予定です。
ドキドキ…。

今年も「絵本deえがお」の活動にたくさんの方がご参加くださって日本語・英語版は去年と同じ16,000冊を印刷することができます。
ネパール語・英語版は翻訳が出来上がったらレイアウトして去年と同じ5,000冊を印刷します。

応援ししてくださるみなさま、本当にありがとうございました!


絵具でお花みたいになる梅鉢パレット


草原の下塗りです。

00号の細い筆で塗ってゆきます。

メチャくんの今日の言葉*11月20日*はこちらからどうぞ♪

メチャくんの新作絵本「ピクニック」作画完成しました!!

こんにちは、さかいみるです。
みなさまお変わりありませんか?

今年の「絵本deえがお」もたくさんの方にご参加いただきまして本当にありがとうございます!

昨晩…つ、ついに!メチャくん新作絵本「ピクニック」の作画が完成したのです!
ぱちぱちぱち♪  感無量。昨晩は興奮してなかなか眠れませんでした☆(毎回)
これからまずは日本語版・英語版のレイアウトをして今週末に瞬報社写真印刷さんに入稿する予定です。

frame

ネパールから帰ってきてから毎日約10時間から12時間作画して、でも眠る時間はたっぷり約9時間から10時間、残りの3、4時間くらいでお散歩と日々のことをするという毎日を2ヶ月弱☆

途中で「クリスマスまでに間に合うだろうか…。」と心配になった時もありましたが、間に合いそうでほっとしています。

何か実りある結果を求めずに、ただその行なっていること自体を楽しんでしていると本当に楽しいなぁとしみじみ思います。体の内側がキラキラしてくるというか、なんでも楽しんですると楽しいですね♪

もやしのヒゲ根を集中して、ぷちっぷちっ とちぎるのも楽しくて、そういう風に楽しく準備したもやしをさっと茹でて食べるとすごくおいしいです。

あと一息ですが、今日は新鮮な果物がたっぷり入ったケーキを買ってきて修一郎と食べようと思います♪

2017年さかいみるのネパール滞在日記Vol.24*ただいま*

9月19日、3週間のネパール滞在もあっという間に過ぎて今こうしてトリブバン空港の椅子に座っているのがなんか不思議だなぁ、本当にこの3週間は現実だったのかなぁ、なんて考えながらチョコレートをかじっていました。

空港の職員さん、タイエアラインの職員さんたちはすごく親切で愛嬌たっぷりです。
ずっと案内してくれたり、待ってる間に一緒にチヤを飲んだりしてくれます。(仕事大丈夫?)

そして荷物検査の時に間違って男性専用の列に並んでいて、オロオロしていると、初めて飛行機に乗るネパール人の女の子がぐいぐい私に色々教えてくれてなんて親切なんだろうと感動していました。私は4回目でまだ緊張しているのに、この女の子は若いけどなんか肝っ玉かあさんみたいに堂々としてるなぁ…。と感心したりしながら。

そして毎回、搭乗ゲートへの待合室に入るタイミングがわからず、ぼんやり椅子に座っていると、職員さんが「おいでおいで」をしてくれて、無事にちゃんとゲートの待合室に入れるのです。みんなのおかげで無事に行ったり来たりできてるんだなぁ…ありがたいなぁ…世界にはこんなに優しい人たちがたくさんいるのに、どうして世の中から悲しいことがなくならないんだろう、といつも思います。

そして搭乗を待っているとき、見知らぬネパール人の女性が隣に座って何やらすごい勢いで満面の笑みで話しかけてくるのです。すごく早口のネパール語で。とりあえず挨拶だけして耳の機能を全開にして聞いていると、どうやら彼女たち二人は福岡に行くということ。ご主人が数年前に日本に来ていてレストランをしているということ。やっと自分たちも日本に行けることになったということ。それで初めて日本に行くということ。

そして、「日本のどこに帰るの?」と聞かれて、「ふ、福岡…。」と答えると、これ以上ない笑顔でぐいと肩を抱かれ、いや首に手を回されいきなりの自撮り☆あわあわしていると引き続き素早い動きでフェイスブックのメッセージで家族の誰かとやりとりしながら写真を送っている。
「日本のディディ(お姉ちゃん)だよ!」
(ちょ、ちょっと、たった今会ったばっかりで名前も知らないんだけど…。)
さらに、電話に切り替え、なぜか見ず知らずのその家族と私が喋っている。いつのまにか。

そして飛行機に乗り込み座席に座るとその女性も私の隣に座って来たので、すごい偶然だなぁ!とびっくりしつつ彼女のチケットを確認すると全然違う席☆なんとか説得して自分の席に座ってもらい、バンコクへ。
飛行機を降りるとちゃんと彼女たちのうちの一人が私を待っていて、ぐいと腕を組まれました。そして、
「私たちの友達がまだ降りて来てないから。待とう。」と。
(私たち…私たち…私の、じゃないんだ…。私まだ会ったばかりなのに。名前も知らないのに…。)

そして無事(?)3人でバンコクの空港で約8時間乗り継ぎのために待つことに…。いつもはこの長い待ち時間をカフェでのんびり過ごします。コーヒーを飲んだりちょっと何か食べたり本を読んだり、しんみりしたり色々書き留めたり..。

でも今回は違っていました。彼女たちがネパールでは珍しく英語がほとんど喋れないということで、(私もですが☆) ネパール語でやりとりすることになり、かといっても私のネパール語はとんでもなく初歩的なのです。なので、彼女たちが何か早口でネパール語で喋りかけてきたときに、ぽかんとしていると、ゆっくりと、大きな声で、顔を近づけて話してくれるのですが、どんなに大きな声でゆっくり話されても知らない単語はわからないのです。

そして約8時間の間にしたことは…「wifi、wifi!」と叫んでいたので、まずwifiをつないであげ、なぜかさっき知り合ったばかりの女性の日本にいるご主人とネパールにいる家族と話をして、そして写真を何度も撮り、さらに携帯の充電が切れたということでバッテリーでチャージをしてあげ、トイレに行きたいということでトイレに連れて行き、トイレの使い方を教え、手の洗い方を教え、千円札1枚しか持っていなかったので、水を買ってあげ、「お腹すいた?」と何度か聞き、毎回「お腹すいていない。」ということでカフェにも行かず、ひたすらベンチに座って、その繰り返しでした。深夜1:00までの8時間☆

そして、やっと、やっと、やっと搭乗ゲートに移動した時に「ヌードルが食べたい。」と…。「もう無理だから。飛行機に乗ったらすぐサンドイッチが出るから。」と、なだめ飛行機に乗り込みました。そして座席に座った途端に気絶するように熟睡☆しました。

そして、この便に乗ると毎回、朝4時にカッと灯りがつき、朝食が運ばれて来ます。朝4時なんてまだ夜だ…。と思いながらとても何も食べることはできず、いつも朝4時から爽やかな笑顔の乗務員さんてすごいなぁと感激しながら、朝4時に起きて朝食をもぐもぐ食べれる人たちもすごいなぁ…。と感心しながら私はそのままいつももう一度眠ります…。

無事福岡空港に着いてからなんと彼女たちとはぐれてしまったのです。福岡空港の国際線はそんなに広くないのですが、はぐれてしまい見つけることができず、荷物を受け取ってからもしばらく待っていましたがどこにも見当たらず、連絡先も名前も知らなかったので、とりあえず彼女たちのご主人の電話番号を聞いていたので電話をして事情を説明し、出口は一つなのですぐわかると思うということで、私はもうヘトヘトだったので帰ることにしました。

帰りの車の中でネパールの友人たちに「無事に日本に着いたよメッセージ」を送り、修一郎に電話をして、あのネパール人の彼女たちは今頃久しぶりにご主人に会えて喜んでるかなぁ、とか、思いながらまた眠り、気がつくと家に到着していました。

あぁ、家に帰って来た。旅に出て一番嬉しいのは家に帰って来たときだなぁ。と思いながら車を降りると修一郎と猫のモモちゃんが家から出て来ました。

「おかえり。」
「ただいま。」

おわり。

これで3週間のネパール滞在日記は終わりです。ブログには書ききれなかったたくさんの出来事、感じたこともまだまだあります。
こんなに素敵な話、こんなに面白いこと、こんな冒険物語(私にとっては)、一人胸の中にしまっておくのはもったいないな、みんなと共有したいなと思いました。そしてもし、やりたいことのために、あとほんのすこしの勇気を必要としている人がいたら、とても怖がりの私の体験がその、あとすこしの勇気のための小さな灯りになるといいなぁと思って綴りました。年齢よりも語学よりも経験よりも必要なもの、それはいつもより少しだけ多めの勇気だったんだなぁということに気がついたのです。

これから先ネパールやネパールの人たちとどうなってゆくかはわからないし、他の国にも絵本と一緒に行くことになるのかもしれないし、行かないかもしれない。それでも今まで通り目の前にやって来たことに全力で取り組もう。そうすることが私を進むべき場所へと運んでくれる。どんなにささやかに見えることでも大冒険に思えることでも、それがきっと全体の中での私の役割なのだから。と思うのです。

さかいみる のネパール滞在日記にお付きあいくださいましてありがとうございました!
みなさまが進むその先にきれいな花が咲き誇る素晴らしい道が続いていますように!

明日からブログでも「メチャくんの今日の言葉」を綴ってゆきます♪