Happy Halloween☆

こんにちは。さかいみるです♪

Happy Halloween☆
と、いうことで、美術館にも17cm角のフレームに入ったメチャくんたちのハロウィン複製画を飾ってみました♪

20181027

1階から2階へ上がる階段の壁にも絵を描きはじめました!
そして今はメチャくんの今年の新作絵本「おちゃのじかん」の作画まっただなか☆でもあります。
毎日せっせと楽しみながら作画しています。

色を塗るとき、線を引くとき、ものすごく純粋に集中して完全に「いま」にあるとき、その描かれる線一本、色が、本当にはっきりとした輝きを持ってキラキラしています。
それは絵を描くことだけに限らず、食器を洗うときやお茶を入れるときお散歩するときなどなど、いつでもどこでもそうなのですね。

11月11日(日)13:00〜「こころとからだワークショップ」開催します!
こころの居場所は?思考は過去や未来にいっちゃうけれど、からだはいつも今にいる!
対談、ワーク、お茶会など皆さん一緒に楽しみましょう♪

*詳細とご予約はこちらからどうぞ。

 

こころとからだワークショップ開催します♪

こんにちは、さかいみるです♪
今日はワークショップのお知らせです☆

11月11日(日)、絵本deえがお美術館で「こころとからだワークショップ」開催します♪
自然豊かな嘉麻市の山奥で道場と整体院を構え、治療、武道、ヨガの先生をしていらっしゃる、疋田一直先生が来てくださいます。ヒッキー先生はご家族で長くメチャくんのファンでもいらっしゃいます♪ さかいみると対談もしちゃいます☆どんなワークになるのかなワクワク♪
ご参加お申し込みは、メール ehon@milart.info 宛てに、11/11ワークショップご参加希望の旨とお名前、お電話番号、ご住所をお送りください。返信させていただきますので ehon@milart.infoからのメールが届くようにお願いします。

ワーク内容:
ヨガを中心としたワーク1時間くらい
境修一郎の司会で、ヒッキー先生とさかいみるの対談30分くらい「こころとからだのつながり、意識について。さかいみるのネパール滞在中の話、などなど」

ヒッキー先生からのメッセージ:
私たちは絵から、人から、いろんなものから影響を受けています。そして、自分自身が周りにとって、どういう影響を与えているのか。ワークを通してそういうことを考えるキッカケにしていただけたらと考えています。こちらが固いと、相手も固くなる。こちらがやわらかいと、相手もやわらかくなる。人と人との繋がり、人とものとの繋がり、人と自然とのつながり、時間があれば、そういうことについてもお話しさせていただこうと思っています。
ヒッキー先生のプロフィールは日時等の後にあります☆

日時:
11月11日(日)
13:00〜14:30くらい(30分対談、1時間ワーク)*お時間のある方はワークの後、ヒッキー先生を囲んでお茶会をしましょう♪
受付は12:30から

参加費用:
メチャくん絵本付き3,000円(絵本deえがおの活動に参加されている方、ヒッキー先生の塾生の方)
メチャくん絵本付き3,500円(一般の方)
*お茶会は無料

定員:
8名様くらい (残り3名様くらい)

*動きやすい服装でお越しください。
*地図、お問合せ先は下記を参照してください。

当日はみなさんいっしょに楽しみましょう!

***********
疋田一直先生(ヒッキー先生)プロフィール
整体・気功 雍和堂 院長
体と心の指南 一つ塾 主宰
Yoga Studio 170 Director
kazunao san
1976年生まれ。福岡市出身。嘉麻市在住。柔道整復師。
幼少の頃より武道に親しみ、空手歴は27年、芦原空手の支部長を11年務める。また、岡本正剛師の下に入門し、大東流合気柔術を15年学ぶ。
ヨガのスタイルはアシュタンガヨガ。一ヶ月間朝昼晩休みなく、ケンハラクマ師よりヨガの真髄を特別に学ぶ。
治療歴は15年。施術は、肘井博行師の内弟子としてBHS療法を学び、古武道の裏技として伝わる活法を主として、気功やエネルギー療法、心理療法を用いる。
大手整骨院グループにて勤務時に、新規店舗の立ち上げに責任者として携わり、数店舗を軌道に乗せる。
2010年より整骨院を独立開業。スタイルは受付も自分でこなす、完全一人治療院。2015年より一つ塾を主宰。2016年より自然との調和を求め、嘉麻市へ移住。現在治療院と道場構える。
人に言えないような失敗多数! 運動神経はマラソン大会で学年ドンツーだったくらい鈍いです。
***********

「さかいみる and 絵本deえがお美術館」
場所: 福岡県宗像市日の里9-4-40
開館: 毎週土日 12:00〜18:00
お問合わせ: 080-3187-6373 またはe-maile: ehon@milart.info
最寄駅は「JR東郷駅」から徒歩約10分
お車の場合、駐車場は約200mのところにある公民館に停めていただけます。

DM_back new アウトライン

*12月のワークショップは、「新作メチャくん絵本 ”おちゃのじかん“ 完成記念ティーパーティ」開催予定です!そのほか「大人の中の童心へメチャくん絵本の英語朗読会」「お手紙セラピー」など、決定しましたらお知らせしてゆきますね♪

*日常を綴ったブログはこちらから♪(ただいまネパール滞在記2018連載中☆)

10月6日(土)台風のため美術館はお休みです。

10月6日(土)は台風のため美術館はお休みです。
みなさまどうぞお気をつけください。

*11月11日(日)13:00〜ワークショップ開催します!限定8名様
ヨガ、気功、合気道、整体の先生、疋田一直さんがいらっしゃいます。まぁるいこころとからだのためのワークとお話の予定です。詳細はまたお知らせしてゆきますね♪

*日常を綴ったブログはこちらから♪(ただいまネパール滞在記2018連載中☆)

「さかいみる and 絵本deえがお美術館」
場所:福岡県宗像市日の里9-4-40
開館:毎週土日 12:00〜18:00
お問合わせ:080-3187-6373 またはe-maile: ehon@milart.info
最寄駅は「JR東郷駅」から徒歩約10分
お車の場合、駐車場は約200mのところにある公民館に停めていただけます。

DM_back new アウトライン

湖畔の村のちいさなおはなし

こんにちは。毎日虫たちの歌声が素敵ですね。

今日は美術館に置いてある「湖畔の村のちいさなおはなし」をご紹介します♪

これは数年前にブログに連載していた湖畔の村で暮らすメチャくんたちの短いお話をまとめたものです。絵本の中だけでは伝えきれない湖畔の村でのお話を描いていっています。

まだ13話分ですが、これからも続いてゆきます。これは手作りで1冊だけ美術館においてあるものなので、おみえになった際にぜひ読んでいただければ、と思います♪
1Fでコーヒーを飲みながら、でも、2Fで原画に囲まれて、でも、屋根裏部屋でゆっくり、でもお好きな場所でどうぞ♪

short story

short story02

みなさまのお越しをお待ちしています♪

*11月11日(日)ワークショップ開催します!
ヨガ、気功、合気道、整体の先生、疋田一直さんがいらっしゃいます。まぁるいこころとからだのためのワークとお話の予定です。詳細はまたお知らせしてゆきますね♪

*日常を綴ったブログはこちらから♪(ただいまネパール滞在記2018連載中☆)

「さかいみる and 絵本deえがお美術館」
場所:福岡県宗像市日の里9-4-40
開館:毎週土日 12:00〜18:00
お問合わせ:080-3187-6373 またはe-maile: ehon@milart.info
最寄駅は「JR東郷駅」から徒歩約10分
お車の場合、駐車場は約200mのところにある公民館に停めていただけます。

DM_back new アウトライン

ネパール滞在記Vol.06*ミティラーアート Mithila Art*

8月20日。
今日は楽しみにしていた土着のアート、ミティラーアートの工房へ♪
日中は暑すぎるので朝早起きして行くことにしました。
まずは外で熱いミルクティー「チヤ」とビスケット♪
早朝からたくさんの人が外でチヤを楽しんでいます。

こんな感じで道端で作っています。

高校生の女の子が学校に行く前にお手伝いしていました。


どこで飲んでもこの小さな可愛いガラスのコップにアッツアツのチヤが入ってきます。

クリシュナさん、これ以上立てれないくらい小指立ってる…。
とても美味しい甘さ控えめのチヤを毎朝2杯ずついただきました♪


オートリキシャでGO☆


こちらはミティラーアートの工房。
穏やかな空気が流れていました。


ネパールの手すきの紙にアクリル絵具で描いてゆきます。


女性ばかりです。


これ、飛行機だそうです。斬新!


下描きです。


栞を作っているところです。


栞です♪


絵具です。


敷地にはお店もあってここで作品を購入できます。


カラスが入って来ていました♪


外壁にお猿さんのレリーフ。


扉の周りにもレリーフ。


シルクスクリーンのショルダーバッグや小皿に手鏡です。


可愛い♪


お庭には車椅子を改造した便利な乗り物が。

「日本から来たアーティストです。」と自己紹介するとみんなとても歓迎してくれました。
心は暑さも忘れるほど、なんだかとても居心地が良かったです。(体は汗だくで暑さを忘れてないけどね☆)

アウトサイダーアートとミティラーアートがとても似ているので、この人たちはこういう風に見えているのではないかなと改めて思いました。そして自分が見ているものってそのものの本当の姿なのかなとも疑問に感じました。他の人の眼になって見ることができないので、とても近いように見ているけれど(情報が同じところからやって来ているとして)100パーセント同じように見えているのではないのかもしれないと思いました。量子力学でも物質の99.99パーセントは空間だと言っているし、本当の姿ってなんだろう?

そんな想いを胸に、オートリキシャでいったん宿に戻り、休憩してからジャナキ寺院に行くことにしました。途中でルビーのようなざくろと小さなリンゴをいくつか買ってお昼ご飯にヨーグルトに入れて食べようと楽しい計画を練りながらガタゴトガタゴト揺られるのでした♪

つづく
.

*「さかいみるand絵本deえがお美術館便り」はこちらから♪

ネパール滞在記Vol.05*生きてるだけで暑い☆*

8月19日。
この日はインドに近いジャナクプルへ国内線で行きました。
「とにかく暑いよ。」と聞いていたのですが、空港に着き、飛行機から降りた瞬間…あつっっっ(大汗)
この暑さ、何でしょう…。去年、西ネパールのインドに近いバルディアのジャングルに行った時よりも暑いんです。ここはインドに近い東ネパール。こんな暑さは生まれて初めて。生きてるだけで暑い。慣れるまで呼吸もしづらく、みるみる汗が皮膚の表面に、手の甲にまで汗が吹き出して溜まってる!そして高湿度で無風なので乾かない…☆あぁ…早くもガモウラ(暑さ湿疹)の予感。一緒に行ったクリシュナさんも「初めて体験する暑さ!」と笑っていました。
体温超えてるのかな…45度くらいありそう…。暑すぎて蚊やダニもいないよね、噛まれる心配ないね…。何も考えられないけれど、でも人は生きてる。牛も生きてる。


灼熱の道路に寝そべる牛くん。

この日はもう夕方になってしまったので、明日から行動することに。
小さな町のあちこちでミティラーアートを見かけます。


メイン道路のアーチに。


フェンスに。



みるの絵に似ていると言われ続けてきたけれど、それは「?」ですが、アウトサイダーアートのようでどれもとても魅力的でした。

この日は夕飯にチョウミンというネパール風焼きそばを食べて早々に宿のお部屋へ。
洗面所に大きめのバケツが置いてあったのでそれに水を汲んで足を浸けたり、ガモウラが出てる首筋にぴちゃぴちゃかけて楽しんでいると、突然の停電…。

もう停電は慣れっこになったので落ち着いているのですが、素っ裸でバケツに足を突っ込んだままで初めての宿の洗面所で停電して真っ暗…。動いて慣れない場所で転んだりしたら大変なので(床は石でできてるし)、とりあえずそのままの体勢で電気がつくまでじっと歌なんか歌いながら(心細さを吹き飛ばす☆)待つこと数十分。

つ、点いた!!急いでバケツから出て体を拭きパジャマを着て(この間のすばしこさは今ま生きて来た中で一番だったと思う。)いつもバッグにぶら下げているミニ懐中電灯に手が届いた瞬間、次の停電☆ セーフ!(何が)洗面所から出て服さえ着ればこっちのもの☆ そしてもうこのままベッドに横たわって寝ることにしました。

明日は楽しみにしていた土着のアート、ミティラーアートの村へ行くんだ。そう思いながらウトウトしていると…
電気ついたのかな…大音量のネパリーミュージックが鳴り響いてきた…。

つづく。

ネパール滞在記Vol.04*ひざしの不思議*

8月18日。
ネパールの朝。小鳥の声と街角でのおしゃべりと音楽で目が覚めて1Fのカフェへ。
ゲストハウスでは盛り沢山で美味しい朝食もついているのですが、私はいつも朝ごはんを食べないので、お茶とフルーツとヨーグルトだけいただきます。

blog_500_350

上の写真はゲストハウスの女の子ルニバ3歳です♪ 彼女が本当にまだ赤ちゃんの頃からゲストハウスで過ごしているので一緒に遊ぶのも楽しみのひとつです。オーナー夫妻、スタッフの人たち、親戚、友人、みんなで代わる代わる子供たちと一緒に過ごします。


ルニバのお兄ちゃん。


インディラの妹ラップの赤ちゃんスティーブンです♪
去年はまだおなかの中でした!みんなすくすく育っています♪


これはネパールの雑誌「サポンサパナ」(夢を実現するという意味らしいです。)にメチャくん絵本が取り上げられています。「人気になってきた”バンボース”」という見出しで、絵本のこと、活動のことが紹介されているそうです。

そして、この日は「絵本deえがおネパール」を支えてくれている仲間のうちのディパーソンとアナンダ夫妻がゲストハウスに来てくれました。ブログで何度もご紹介していますが…☆


サンギータと♪ サンギータは「歌」という意味です。ロマンチック☆


世界遺産のうちのひとつチャングナラヤン(ヒンズー寺院)に行きました。


ネパールのフォント、グラフィックデザイナーのアナンダと。アナンダは「至福」という意味です☆
写真からは全く見てとれないのですが、あまりの暑さに(久しぶりの日差しの強さに)全く寺院の写真を撮れず…。アナンダとサンギータが交代で撮ってくれた写真のみ…。
カトマンズの標高は約1,400m。東京は約40m。太陽と地球の距離は約1億5000 km…と考えると1,360mの差は太陽からみるとほんのちょっとのような気がするのですが、それでも日差しの強さがこんなに違うなんて不思議な気がします。でも建物の中はエアコンいらずなのです。
去年9月初めに登ったララ湖の標高3,800mは昼間は驚くほど日差しが強く朝晩は顔が洗えないほど寒かったです☆ 太陽も大きく大きく感じました。不思議なことってたくさんあるなぁ…。


そしてディパーソン。

ディパーソンは俳優であり、学校の経営もしています。仲間に会えて体の内側からじんわりと温まってきます。
次の絵本「おちゃのじかん」のラフを見せて軽く打ち合わせをしました。

明日はインドに近い酷暑(らしい)ジャナクプルに出発です!土着のアートミティラアートに触れるのが本当に楽しみです!わくわく♪

つづく

アニマルペンシルケースとショルダーバッグ入荷しました♪

こんにちは。さかいみるです。
美術館の夏休みも終わり、今日9月15日からオープンしています。

ネパール製の大人気のアニマルペンシルケースとショルダーバッグ、やってきました!
ジャジャン♪

pencilcase04
前足がぶら〜り
いろんな動物たちと色の組み合わせです。ひとつひとつ、生地を織って縫製まで手作りされています。

pencilcase03
ぶらぶら

pencilcase01
ゆる〜り

pencilcase02
刺繍のメチャくんタグもついてます♪

bag
ショルダーバッグです♪
シンプルながら長さも調節できます。

ペンシルケース¥1,200(税込)
ショルダーバッグ¥3,600(税込)
です。

みなさまのお越しをお待ちしています♪

*日常を綴ったブログはこちらから

「さかいみる and 絵本deえがお美術館」
場所:福岡県宗像市日の里9-4-40
開館:毎週土日 12:00〜18:00
お問合わせ:080-3187-6373 またはe-maile: ehon@milart.info
最寄駅は「JR東郷駅」から徒歩約10分
お車の場合、駐車場は約200mのところにある公民館に停めていただけます。

DM_back new アウトライン

ネパール滞在記Vol.03 *Peacock Guest House At Bhaktapur*

8月17日。
無事カトマンズに到着!心地いい風にホッとしました。
友人チャンドラが空港まで迎えに来てくれて、いつもの大好きなバクタプルにあるピーコックゲストハウスへ!
ゲストハウスのみんなが笑顔で迎えてくれます。みんなの笑顔を見て、この場所の雰囲気に触れて、心からくつろげるここに滞在できることが本当にうれしいとしみじみ感じました。

そして部屋に荷物を運んでもらって大好きなレモングラスティーを飲みながらインディラとおしゃべりしていると、
「みる、次はいつくるの?」と。
「今日来たばっかりだよ…インディラ…。まだわからないよ。」と、心の中で呟きながら
「多分、来年…。まだわからないよっ。」と、答えました☆

blog_500_350

上の画像のレモングラスティーは自家製オーガニックレモングラスを使っています♪


これも大好きなマサラティー♪
ミルクティーに色々なスパイスが入っています。
1Fのカフェ・レストランで。


いつものようにヤギさんもやって来ました♪


中庭のレストラン


雨が降っても屋根がついているので大丈夫。
日差しが強い時は屋根の上にゴザのようなものを敷いてくれます☆


木彫りのゾウさん。2Fには木工彫刻の工芸品ショールームもあります。


いつもの屋根裏部屋。
昨年からお部屋にコーヒーマシーンも設置されています。


14世紀に建った美しい建築ををゲストハウスにしています。


屋上に出れるようになっています。猫たちが遊びに来ていました♪


ヤギさんもごくごく水分補給♪

一昨日は日本のいつものベッドで寝て、昨日はバンコクのホテルのベッドで寝て、そして今日はネパール、バクタプルのゲストハウスのベッドで寝ている…。なんだか不思議なきぶん。大好きな虫の声が大きく重なり合って聞こえてくる。多分、部屋の中で歌ってる。ずっと聞いていたいけどもうすぐに眠ってしまいそう…と思いながらあっという間に眠りの国へ潜ってゆきました☆

明日は世界遺産の一つであるチャングナラヤンに行くんだ、それから友人たちと次の絵本「おちゃのじかん」の打ち合わせもするんだ!

つづく

ネパール滞在記Vol.02*バンコクで1泊*

8月16日。日本からネパールへ直行便がないため、いつもバンコクで1泊します。
この、「バンコクで1泊」というのが本当にハードルが高かったのです(今もだけど☆)英語も喋れず、普段どこにも出かけずずっと家にいる私にとって、「ひとりでタイで入出国して1泊して飛行機を乗り換える」というのは、「宇宙ステーションで宇宙船乗り換える」くらいとんでもないことのように感じていました。
さすがに5回目になるとほんの少し慣れてきたような気がします。でも、ホテルからは1歩も出ないけど☆


「いってきま〜す。」毎回ちょっと胸がきしみます。

バンコクへ向かう飛行機の中で隣り合わせた可愛いタイの女の子♪ 友達3人で福岡に旅行に来ていたそうです。とっても楽しかったと楽しそうに語ってくれて私も嬉しくなりました。

バンコクの空気は湿って暑くみっちりとした密度の濃いマンゴーの果肉のように感じます♪ それでも今年は福岡もあまり変わらない温度のように感じました。

blog_500_350
バンコクのスワンナプーム空港は小さな町のように広い!

いつものホテル、いつもの笑顔。
さぁ、明日はカトマンズへ出発だ!

つづく