ちいさなおはなし第11話

こんにちは、さかいみるです。
今日は湖畔の村のちいさなおはなし第11話です。

その前にお知らせです。
今日、突然決まったのですが、
北九州市立いのちのたび博物館で3月15日〜6月1日まで開催されます
「まるごと猫展」に、メチャくんと「絵本deえがお」の活動も
展示させていただくことになりました!
ありがとうございます!

急遽決まりましたので、メチャくんは初日には間に合わないかもしれないのと、
どのコーナーにどういう風に展示されるのかもこれからなので、
また分かり次第お知らせしてゆきます。

では、はじまりはじまり〜♪

第11話「春のように。」

ほんの少し寒さがやわらかくなってきた朝、
メチャくんとコロちゃんはゆっくりお散歩していました。

pic_11

「ほら、コロちゃん、こんなところに春がいるよ。」
メチャくんがネコヤナギのふわっとした小さな小さな銀白色の芽を見つけて言いました。

「ほんとだ!あっ!ここにも春がいるよ!」
コロちゃんがさけびました。
まだ表面は固くつめたい土の下から、もっと小さな芽がひょっこり顔を出しています。

「こんなに寒くてつめたかった冬の間でも、
春は春になるために、ちゃくちゃくと準備していたんだね。
楽しいときも苦しいときも春みたいに、そこに立ち止まらないで進んでゆきたいな。」

そうしてふたりはうちに帰り着くまでに、
数えきれないほどの小さな春のはじまりをみつけたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>